青月工房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 場違いの由来の町

<<   作成日時 : 2018/05/14 17:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ちょっと何?そのタイトル。って感じになりましたが
「場違い」の由来って知ってましたか?

この前、神田界隈を歩いていた時にその「由来」を発見したのです!

画像


街中にあるこの手の看板が大好きで
こういうのを見かけるとすぐに立ち止まります。

今回は紺屋町で発見しました。
千代田区町名由来板ですよ。なんかワクワクしますね。

はい、ここから看板の説明文です。

「この界隈は慶長年間に家康から軍功として関東一円の藍の買い付けを許されていた
紺屋頭土屋五郎右衛門が支配していた町。」と書いてあります。

「そのため、染物職人が大勢住んでおり、いつしか紺屋町と呼ばれるようになった」そうです。
なるほどね〜。まだまだ続きます。

「江戸を代表する藍染めの浴衣と手ぬぐいの大半は、紺屋町一体の染物屋で染められ、
その年の流行は紺屋町に行けばわかると言われたほど、江戸の名物でもありました。
つまりここが流行の発信地だったわけです。」
お〜、きましたね。流行の発信地!お江戸日本橋のすぐ隣ですからね。

で、ここからです。
「ちなみに『場違い』という言葉がありますが、これは紺屋町以外の地区で染める
浴衣や手拭い染めのことを、江戸の人がそう呼んだことに由来するそうです」

場違いって、そういう由来だったんですね〜。
made in 紺屋町以外は本物じゃない的なニュアンスでしょうか。
粋だとか、粋じゃないとか、そういうのにこだわりそうですよね、江戸人って。


また、ご紹介していきま〜す。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
場違いの由来の町 青月工房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる